↓一番カンタンでおすすめの方法

化粧崩れしにくいファンデを探している方に、最近人気なのが、顔汗用・制汗ジェルクリーム【サラフェ】

 

朝塗れば、1日中顔汗知らず♪

外出中、汗・テカりが気になったら、メイクの上からそのまま塗ればOK!

化粧直しがとてもカンタン♪

 

 

サラフェ

 

>>顔汗用・制汗ジェルクリーム【サラフェ】詳しくはコチラ

 

 

 

汗を抑えるファンデーションに変えてスポーツを楽しむ

私は以前から、とての汗かきで悩んでいました。その悩んでいるというのは、特に顔に汗をかいてしまうことで、せっかく化粧をしていても、全てなくなってしまっていたからです。

 

職場の中でも、私が化粧をしているにも関わらず、ノーメイクできているということを、ほかの人から伝えられた時、汗かきで化粧が落ちているということについて、話すことができませんでした。

 

そんな時、同僚の人に、私の化粧崩れについて、悩んでいることを話したことがあったのです。するとその同僚も、私と同じように、顔汗をかくことが多く最近、化粧品を交換してからは、すっかりとその心配がなくなっているということを、聞くことができたのです。
その話を聞くことができたのは、私のとってとってもラッキーなことでした。ちょうど化粧品について、汗をかくことがなくものを、購入したいと主tt瑛太だけに、その同僚が使っているものを、私も使用してみたいと思ったのです。

 

それは、ちょうど会社のスポーツ大会があるときに、使用したいと思っていました。そのときは、流石に外でノーメイクであったら、どれだけシミが増えるだろうと心配をしていたからです。

 

そして、その化粧品をつけて見ることにしました。つけて見ると、さらっとしていて、つけた感じがとてもいいのです。また、その肌の感じが、とってもマイルドに感じて、厚化粧をしているいう感じではなかったので、それを使用して、テニスをすることにしました。

 

そしてその当日、汗かきの私は、化粧が落ちてしまうことを、とても心配していましたが、なんとか乗り切ることができました。テニスウェアは、しっかりと汗がにじんでいたので、相当汗をかいていたことがわかります。

 

にも関わらず、そのファンデーションを使用したことによって、汗を止めることができて、本当に良かったと思っています。屋外で試合をしたので、汗を抑えることができたのは、紫外線から私の顔等を、守ることもできたと思って、感謝しています。

 

その後は、職場でもそのファンデーションを使用して、出勤することにしています。以前のように、ノーメイクと言われることも、最近ではなくなって、しっかりとメイクをしている感じることができるので、自分としても女性として、自信をもつことができるようになっています。
たかがファンデーション、されどファンデーションで、こんなにも自分の気持ちが変わることができたことに、本当に良かったと思っている毎日です。

化粧下地と化粧水を脂性肌専用下地と収れん化粧水に変えたら驚く変化が

私の肌質は混合肌タイプです。顔面が脂性肌と乾燥肌と普通肌に分かれてれいます。特にオイリーでひどいのは、Tゾーンです。夏になると、ファンデーションがTゾーンだけ浮いて、油とともに浮いて流れていることもあります。一番恥ずかしい思いをしたのは、Tゾーンのファンデーションの化粧崩れでの事件です。小鼻に私の指の跡形がくっきりとついていたことがありました。誰も指摘してくれなかったのは、きっと言い難かったのだろう、と自分なりに結論付けました。そのときの職場のみんなの様子が、何かを言いたそうに、でも言うのも失礼かな、どうしようという変な空気が出ていたからです。私の顔を見て、固まっていて、目のやり場に困るような表情になっていました。

 

私は、鼻をつまむことがあります。何気ない日常の動作で、ついやってしまうことがたまにあります。花粉症なので鼻のつまりや、鼻水が垂れてくることから出てしまった悪いくせです。このくせが、化粧崩れの恥ずかしい事件につながってしまいました。トイレの鏡で気がついたので、あぶらとり紙で拭きとって、もう一度ファンデーションをのせて指の跡を治しました。油の浮いた鼻に指紋のような指の跡は、簡単にはごまかせませんでした。けっこう時間のかかる作業で二度とこんな思いをしないと、職場のトイレで誓いました。

 

化粧崩れの恥ずかしい事件はまだあります。ファンデーションの上から油のような汗のようなものが浮いているので、ファンデーションの意味がないほど、不潔感を与えてしまう化粧崩れをしたことです。いつも夏になると必ずこんな状態になるので、長い間悩んできました。それからは、カバー力の強いファンデーションへの変更やリキッドタイプのものにも変えました。が、浮いてくる油のような化粧崩れからは逃れられませんでした。多分、私のTゾーンの油っぽさが尋常ではないからだと思います。

 

そこで持っている化粧品の見直しにとりかかりました。ファンデーションの下地は、化粧崩れを意識したものではなく、潤い重視タイプのものだったので、脂性肌専用のつや感は出ずにマットな仕上がりになる下地に切り替えました。脂性肌専用のものです。それからは、ファンデーションと油が一緒に浮いて流れることがなくなりました。カバー力の強いファンデーションも、下地を変えたことで、化粧崩れをすることがなくなりました。

 

基礎化粧品の見直しもしました。毛穴を引き締める収れん化粧水を取り入れるスキンケアを始めました。収れん化粧水は、過剰な皮脂をおさえてくれるので、手放せません。収れん化粧水は、必ずスキンケアの最後に使います。収れん化粧水と脂性肌専用の化粧下地にしてからは、化粧崩れがなくなりました。もう、真夏のメイクも怖くありません。

 

サラフェ